デオシーク

鼻が臭い原因について

鼻が臭い(くさい)と悩んでいる人は少なくありません。

 

ただ、実際にその臭いは鼻のどこで臭っているのかと言う事でも原因が違っています。

 

鼻の横がクサイ場合

まず鼻の横から臭いがする場合は、角栓が原因となっている場合が少なくありません。

 

角栓は皮脂と角質がまじりあって固くなっている物なのですが、その皮脂が酸化してしまうと脂質が酸化した時の酸化臭が出てきてしまいます。

 

鼻の下がクサイ場合

鼻の下から臭いがする時は、穴の中の皮脂が原因です。

 

毛が生えているのはごく当たり前の事ですが、その毛の生えている毛穴が広がってしまうと、そこにある皮脂がより分泌されてしまう事が有ります。

 

そしてその皮脂は放置しておくと酸化してしまい、結果的に悪臭となってしまいます。

 

鼻の中がクサイ場合

中から臭いがする場合は、もしかしたら副鼻腔炎か蓄膿症かもしれません。

 

奥の方で炎症を起こして居たり、膿がたまっている状態の事で、それが原因となってどうしても臭いがしてしまいます。

 

また鼻息が臭い場合は粘膜の萎縮と乾燥が原因となっている事が多くなっています。

 

この様に、一言で臭い(くさい)と言っても何が影響していて起きているのかと言うのは症状によっても違って来ます。

 

まずは原因を明らかにする事、さらに底から対処法を考える事が重要です。

 

角栓や皮脂などが臭いの原因となっている場合は出来るだけ清潔を心掛けると良いでしょう。

 

ただ清潔にするとは言っても洗い過ぎてしまったり皮脂を除去し過ぎてしまうとより多くの皮脂が分泌されてしまう事につながるんで、余計な乾燥だけは防ぐ必要があります。

 

従って気になる時は清潔と保湿、ダブルでアプローチする事が重要です。

 

また病気が原因となっている場合は自分でも良くする事は出来ますが、なかなか良くならない場合も少なくありません。

 

放置しておくと中耳炎などになってしまう可能性も十分あるので、耳鼻科に行って診察を受け、正しい処置をしてもらう事が必要です。

 

そうすれば気になるニオイを解消する事は十分可能と言えます。

 

>顔が臭い男は嫌われる!?手遅れになる前のニオイ対策方法