顔が脂ギッシュになるのを防ぐ

 

顔が脂ぎる状態とは、何もつけていなくても常にテカリが目立っていることを指します。

 

脂性肌ともいわれる症状で、毛穴が大きく、皮脂の分泌量が多い人に目立つ症状です。

 

以前は年配の男性に多いイメージのある症状でしたが、あまり年齢的な差はなく、若い女性の中にも脂性肌の人は大勢います。

 

テカリが目立つ、顔が脂ぎる状態を防ぐ方法として、洗顔をこまめに行うのが基本です。

 

洗顔をすれば、肌に付着するホコリ汚れや皮脂汚れの除去が可能です。頻繁に洗顔をすることによって、テカリの少ない肌を維持することができます。

 

但し、洗顔のし過ぎは逆効果になりますので、注意してください

 

。皮脂の過剰分泌は、肌に必要な皮脂が足りないせいで、身体が自然に促している場合があるからです。

 

つまり、脂性肌の人は、極度の乾燥肌でもあるということです。

 

必要な皮脂を取り除き過ぎないためにも、1日2〜3回を限度に洗顔するようにしましょう。

 

洗顔後には、乾燥を防ぐために化粧水を塗るのがおすすめです。

 

化粧水を塗ると肌がテカってくると嫌がる人がいますが、乾燥した肌に潤いを与えることで、皮脂の過剰分泌を抑えることができます。

 

しかし、保湿力の高い化粧水では、テカリが目立つようになりますので、脂性肌の人は収れんタイプの化粧水や、さっぱりタイプの化粧水を利用すると、快適に使うことができます。

 

特に収れんタイプの化粧水には、開いた毛穴を引き締める効果がありますので、皮脂の分泌を軽減できるようになります。

 

至急テカリを解消したいという場合には、あぶらとり紙を使うとよいでしょう。

 

あぶらとり紙は肌のテカリが気になる部分に押さえつけるだけで、余分な皮脂を吸着してくれる便利なアイテムです。

 

常に持ち歩いていると、気になった時に素早く対処することができます。

 

あぶらとり紙がないなら、ティッシュで代用することも可能です。

 

ポケットティッシュならば持ち運びがしやすいでしょう。あぶらとり紙より安価であるのも魅力です。

 

>顔が臭い男は嫌われる!?手遅れになる前のニオイ対策方法