顔の油、原因と対処法を考える

 

顔の油は皮膚の表面を覆うことで、水分が蒸発するのを防いで細菌や雑菌が入ってこられないようにします。

 

しかし様々な原因によって皮脂の分泌が過剰になって顔がベタベタします。

 

まず挙げられる原因が、ホルモンバランスの乱れです。

 

男性ホルモンは皮脂腺を刺激して、皮脂を分泌させる役割があります。

 

よって不規則な生活やストレス、遺伝などによって男性ホルモンが増えると皮脂が多くなりすぎます。

 

ホルモンバランスの乱れは、女性ホルモンを増やすことを心がけると改善します。睡眠をしっかりとり、栄養バランスを考えたメニューを取り入れます。

 

納豆や豆腐などの大豆製品に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似たような作用があるので男性ホルモンの作用を抑制します。

 

次に水分が足りなくなっても顔の油が過剰になります。

 

皮脂は本来皮膚に必要なものなので、乾燥して外部からの刺激を受けやすくなると、それを防ごうとより多くの皮脂が分泌されます。

 

顔がテカリやすい人は、オイリー肌だと考えてあぶらとり紙を頻繁に使ったり、洗浄力の強い洗顔を選んだりします。

 

しかし実際の皮膚の奥は乾燥しているインナードライ肌だと、さらに皮脂を奪うことにつながります。

 

インナードライ肌は女性だけでなく、元々水分量の少ない男性にも多く見られます。これを防ぐには、保湿を重視したスキンケアが大切です。

 

皮膚の表面は潤いが足りていても、水分が奥まで浸透するようにヒアルロン酸やセラミドなどが配合された化粧品を使います。

 

さらに加齢によって顔が油っぽくなる場合もあります。

 

年をとると食事で摂取した脂質を代謝する能力が低下します。

 

血液中の中性脂肪やコレステロールだけでなく、毛穴から分泌される皮脂も増えるので、中高年になったら油っぽい食事を控えます。

 

特に豚肉や鶏肉、牛肉などの脂質は過剰摂取しやすいので、魚や大豆など良質な脂質を摂るように意識するだけで顔の皮脂量をコントロールできます。

 

>顔が臭い男は嫌われる!?手遅れになる前のニオイ対策方法